医療脱毛の魅力


全身脱毛など、脱毛施術による脱毛が大人気です。その中でもエステ脱毛と医療脱毛があります。その中でも医療脱毛にはとても魅力がたくさんあることでも知られています。もともとエステ脱毛と医療脱毛の大きな違いとして脱毛器機の違いがあります。エステ脱毛ではフラッシュ(光)を細胞内の黒い毛根に放射し、毛根の細胞を壊し脱毛していきます。そして医療脱毛の場合はクリニック脱毛とも言われていますが、使用する器機は医療用レーザー脱毛器機となります。

レーザーによって毛根付近を照射して脱毛していくというもので、光脱毛器機とメカニズムはとても似ていますが、レーザーの方がフラッシュより出力も高く効果も違ってきます。そのため永久脱毛と言えるのは医療用脱毛のみ。エステ脱毛の場合は永久脱毛という言葉は法律上使えません。完全脱毛などの言葉を使っていますが、これらの状態になるまでの回数も医療脱毛の方が少なくて済みます。例えば全身脱毛なら個人差もありますが、エステ脱毛なら平均10~12回程度、医療脱毛なら約6~8回程度。

そして医療用脱毛で使用する医療用脱毛器機は、医師以外扱うことができません。何かアクシデントがあっても、医師による薬の処方と治療がすぐにできるので安心して任せることも。そして医師が行うことでもう一つ、痛みへの対応にも魅力があります。医師はいかなる薬の処方もできるので、麻酔を使うことも。そのため痛みを強く感じる人は、麻酔クリームや軽い麻酔注射などを使用してもらうこともできるのです。